シミ対策なら紫外線に注意だな

今日はニキビではなくシミをテーマにして書いています。自分自身、かなり前から気になってたことなので。
シミの何がいやって老けて見えるからというのもあります。メイクで隠そうにも濃くなってくると余計に目立つこともあったりします。
シミの種類を調べると、聞いたことがない名前がどんどん出てきます。シミってどれも同じだと思ってましたが、知らないことも多いんだなって思いました。
まずは老人性色素斑。日光性黒子とも呼ばれています。まあ紫外線の影響によるシミなので、よく見られるタイプだと思います。
特徴としては境目がはっきりしてるってところですね。20代の頃にはなかったような気がするけど、だんだん濃くなってる今のシミはたぶんこれに当てはまるんでしょうね。中には10代の人でも出てくる場合があるようですが、それも紫外線を浴びた量によるみたいです。薄いうちは化粧品でも効果があるかもしれませんが、濃くなってくるとレーザー治療でも受けない限り消せないみたいです。なので紫外線対策はきちんとしておきたいなって思いました。
私にもう一つ身近なのが炎症性色素沈着というもの。これはニキビ痕なんかがシミとして残るもの。ニキビって時間とともに消えることがほとんどですが、ケアを間違うとシミになることもあるみたい。またニキビ痕に紫外線を大量に浴びてるとシミになって残る可能性も高まるみたいですので、やっぱり紫外線対策が重要ということですね。
他にもいろいろありますが、それはまた今度にします。

美白化粧品で効果は?

シミに美白化粧品でどれほどの効果があるのかですが、これははっきり分かりません。だいたいの美白化粧品というのは、メラニンの生成を抑えるという予防目的のものです。というか、そうしか書けないのかな?
ですので、出来たシミを薄くすること、消すことができるかは不明なわけです。それでも使った人の声の中には薄くなったというものもありますので、使い方と、そのシミの種類、古さなどによっては出来てるシミにも効果がある可能性もあります。
そういった化粧品を使う場合でもやっぱりUVケアが重要になってくるわけです。
というのも、メラニンって自然な反応で、紫外線を浴びるとさらに発生するわけですが、それは肌を守ろうとしてくれてるわけです。そのメラニン色素が残ってしまうとシミになるんで、うまくターンオーバーで排出できればいいわけです。
そういう時に助かるのがピーリングというものですね。
ですのでピーリングを定期的に、でもしすぎもよくないと思うので、うまく間隔をかえてしながら、シミに効く化粧品を使うというのがいいのかなと思うわけです。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ